見たまま歌舞伎随筆

平成生まれ。素人視点で思ったこと、気付いたことを綴ります。

九月歌舞伎座 秀山祭  夜の部①

名品 吉右衛門の『寺子屋

夜の部の第一の見ものは『寺子屋』。

幾度となく見ているはずの芝居だが、胸に堪えて久々に涙を流した。吉右衛門の松王丸のみが良いわけでなく、幸四郎の源蔵、戸浪の児太郎、菊之助の千代、又五郎の玄蕃ら全員が歌舞伎の役柄に沿って、丸本歌舞伎として規矩正しく演じた成果だと思う。

 

その吉右衛門の松王丸は珠玉の名品。前半の首実検に至るまでは、身代わりを見事果たしてくれるかという面と、一方で我が子を殺しにやってしまった、逆らえない運命に対する苛立ちが伝わる。

源蔵に対して「古手な事して後悔すな」は多少張る人もいるが、吉右衛門はスパっと早間で一息に言っている。その方に賛成で源蔵へ対する牽制と、松王自身の焦燥感の両面を持ち、劇的な ”綾” を生み出している。「源蔵夫婦をとりまきめされ」のぶっきらぼうにも聞こえる言い方は、いよいよ苛立ちの最高潮に達しているように思えた。

 

後半の戻りになってからの松王は、現実を確かに受け止める男の大きさを示す。例えば、「覚悟した御身代わり、内で存分ほえたではないか」と千代を諌める割には、松王自身が感情過多になる人がいる。吉右衛門は決してそうではない。ぐっと堪えて腹の内に収める。だからこそ、後の桜丸を思い大落しになるところが引き立つ。終始圧巻の松王であった。吉右衛門と同時代に生きられる幸せを感じずにはいられない。

大きな収穫 児太郎の戸浪

そして同じく素晴らしいのが児太郎の戸浪である。若手の中では一頭地を抜いている。 まず声の具合が安定している。(若手の発声の不勉強な人が多いこと!)女形の多くがキンキン声を出すが、児太郎は地声の延長線で台詞を発している。そもそも女形は、男 が 女を演じるわけで、女になるのではない。女形を演じる骨法を心得ていれば良いのであって、女優もどきのように変な声を作る必要はないのだ。そしてこの児太郎の発声が実に古典歌舞伎の調和を保っている。これは先輩からの教えだが、歌舞伎の台詞は、太棹三味線の調子から高くても低くてもはみ出してはならない、ということだった。最近は特に、いわゆる調子外れの台詞の人が目立つ中、児太郎のそれは確かな地芸を見せる結果となった。

 

幸四郎の源蔵は辛抱立役としての性格を、調子を低く抑えることで描く。千代は菊之助。欲を言えば、この二人にもう少し義太夫狂言らしい芝居っ気があればと思うのだが。例えば、源蔵が千代に斬りつけての「お役に立てて下さったか、但しはまだか様子が聞きたい」のところはサラサラ行き過ぎで味わいに乏しい。

 

何でもできる又五郎の春藤玄蕃。首実検の間、松王丸の顔から目を離さず見込むイキが良い。

福助の御台所。たとえ起居不自由になってしまっても、歌舞伎には居るだけで存在感を放つ役が沢山ある。そうした役に是非顔を出してほしい。成駒屋ファンからの願い。

竹本は谷太夫・慎治と葵太夫・寿治郎。この一幕が良かったのは、谷・葵という竹本を極めた二人による功績が大。この二人以外の太夫には、声の質の良い人もいるけれど、義太夫訛りになっていない。義太夫訛りが未熟であれば、太棹の旋律で語れない。すると提供される丸本歌舞伎はその格を失う。骨法を体得している谷太夫と葵太夫に支えられた部分はかなり大きい。

 

ここ最近の『寺子屋』は破格が多かった。底を割りすぎる感情過多な松王、台詞の発声がまるで素っ頓狂、そして動きが竹本の糸にまるでつかない人など、”破格”は時として思わぬ産物を生み出す時があるが、得てして失敗が多い。

今回の『寺子屋』はさすがは吉右衛門。教科書そのもの。義太夫狂言に対する確かな蘊蓄が発揮され、幸四郎菊之助・児太郎・又五郎らが役柄を心得た芝居運び、優れた竹本陣が固めたため、万事格を保って芝居が運んだ。大当たりの理由がここにある。

 

型・演出メモ

吉右衛門の松王丸

・「助けて帰る」で咳をする。

・幕切れ、いつもの通り左手で御台所を敬い、右手で刀を流した形で柝の頭。だが、そのままで絵面になるのでなく、そこから平伏して幕。これは初めて見た。福助の御台所との兼ね合いのためなのか。

 

幸四郎の源蔵

・「退引きさせぬ手詰」と言っている。

 

福助の御台所

・松王が駕籠を呼ぶと、屋体後ろへ駕籠を廻し、正面奥口から出てくる。尤もこれは福助への配慮のため。

 (令和元年9月12日所見)

聖地巡礼 〜〜芝居ゆかりの地〜〜⑨

絶景かな絶景かな 
『金門五山桐』 ゆかりの地 南禅寺

 

禅宗様で名高い南禅寺禅宗様とはほど遠いひときわ存在感を放つレンガ造りは、琵琶湖疏水を通す水路閣で、写真映えスポットとして絶えず人気を集めているが、その南禅寺といえば南禅寺三門。南禅寺三門といえば石川五右衛門豊臣秀吉(芝居では真柴久吉)というくらい、おなじみである。芝居を知らなくとも「絶景かな、絶景かな」の文句は聞いたことがある人も多いのでは。

 

地図はこちら ↓ 

 

南禅寺の写真を添付しようと思ったらない。写真にはあまりこだわりがない方だとは思っていたが、撮ってもいなかった。この頃は社会人一年目でお金もなく、デジカメやビデオカメラも持っていなかった。携帯はスマホだった・・・とは思うけどそんなに性能も良くなく、ビデオを撮ろうとも思わなかった。

山門からの絶景は瞼の中にあればそれで良いか・・・。

「万年三階席」の名に恥じない金欠ぶりである。

 

 

 芝居について

一度は聞いたことがあるかもしれない「絶景かな絶景かな」の文句。そのセリフの由来は『金門五山桐』という芝居の中にある一幕「南禅寺山門」から来ている。「金門」という名は通し狂言として演じるときの外題で、「南禅寺山門」のみを独立して演じる場合は『楼門五山桐』という外題で演じられるのが通例。

 

「五山桐」と言えば、昭和25年大阪千日前の歌舞伎座で記録映画として撮影された、二代目實川延若のそれを見たが面白かった。(石川五右衛門・二代目實川延若 真柴久吉・阪東寿三郎 カラミ・三代目市川九團次と五代目嵐璃珏)

何が面白いって大向うのバカでかい掛け声。「かわちゃァァァァ!!(河内屋)」の雨あられ。撮影だから大向うの方も発奮した? いやいや、河内屋ファンはとても熱心だったと言うから延若極めつけの出し物なら、あれぐらい普段から掛けているかもしれない。

 

最近の東京では吉右衛門石川五右衛門菊五郎の真柴久吉というのが極めつけか。役者の位取りがものをいうから、百日の鬘に負けない貫目のある吉右衛門がやはり群を抜いている。橋之助(現芝翫)も見たが、見栄えはするが上ずった声が疵。(ついでにこの時【平成22年3月国立劇場】は萬次郎の蛇骨婆が最も良いものであったと記憶している。普段目立たない人だけに遺憾なく実力が発揮されて嬉しかった。)

 

 御朱印

f:id:kabukich:20190907100355j:plain

御朱印 南禅寺

 南禅寺御朱印(金剛王宝殿)

 

 

9月末にも関わらずとても暑かった記憶ばかりが先立つ京都旅行。残暑だし当然紅葉には程遠いので、あまり人がいなかったように記憶している。

この頃(平成25年)は外国人の多さに辟易するってのは感じなかったけど、今はどうでしょうか。

聖地巡礼 〜〜芝居ゆかりの地〜〜⑧

 『義経千本桜』ゆかりの 伏見稲荷大社

言うまでもなく、お稲荷さんの総本宮として有名な「伏見稲荷大社」。

伏見稲荷大社といえば、『義経千本桜』の二段目にその名もまさしく「伏見稲荷の段」があるので、反射的に芝居好きは思い出すだろう。 

 

伏見稲荷大社へ初めて訪れたのは、大学生の時であったか、よくその土地について調べもせず行ったのだが、「すずめ」が名物だと知って驚いた。昔は本当に食べていたにせよ今はどうせ代用した鳥、例えばうずらを ”すずめ” とか謳っているのかと思ったが、本当にすずめだということだった。お味は・・・よく覚えていない。

地図はこちら ↓

芝居について

歌舞伎では通称「鳥居前」と言われるこの芝居は、義経主従と静御前の別れを描く場面で後の段の伏線になる部分である。なので通し狂言の一部として演じられることが多く、またそうでなくては意味をなさないような幕である。仮に通し狂言の形をとらなくとも、澤瀉屋のやり方のように「忠信編」として後に「吉野山」や「四の切」を出したりするが、近年この「鳥居前」だけを出すことが多くなっている。それも地方劇場ならいざしらず、東京の大劇場にも関わらずである。この場面だけ見せられても・・・と感じるのだが。私には理解できない感性です。ハイ。

 

f:id:kabukich:20190830202158j:plain

伏見稲荷大社

御朱印について

いや〜〜これには困った!というのが率直な感想。私は二冊持ち歩くのは大変だから、お寺と神社で分けていない。ここへ来る前に ”みてら” の誇りを感じる「泉涌寺」の見事な達筆ぶりの画面にうっとりしていたのに、見開き同じページに収まったこれを見て(本音は)興ざめした。(まァ、仕方ないけどね。)この御朱印は数年前のものだから、今は書いてる方も替わっているかもしれないから、参考にしないように!

 

f:id:kabukich:20190830201412j:plain

御朱印 伏見稲荷大社

 

切口上

御朱印帳をたぐって昔を懐かしむだけしか用がなかったが、ブログを始めたことで、ネタの素材としても活用できているのは良かった。

今回はまずこれ切り〜〜

 

聖地巡礼 〜〜芝居ゆかりの地〜〜⑦

『日本振袖始』ゆかりの地 出雲 

 

直近の大阪旅行の記録で御朱印を広げていたら、まだまだ紹介したくなるような地があったので、古いながらもここに案内をしていきます。お付き合いの程よろしくお願いします。

 

出雲が舞台となった芝居といえば『日本振袖始』が思いつくでしょうか。出雲とくれば記紀の神話とくるのが相場でしょう。あらすじなどは割愛しますが、素戔嗚命が八岐大蛇を退治することで ”十握の宝剣” を手に入れ、奇稲田姫を救出するとう具合です。

 

芝居の設定では出雲国を流れる簸の川の川上がその地となっています。簸の川は出雲神上の川で実際は、斐伊川と推定されているそうです。

 

出雲大社の地図はこちら ↓

 

芝居について

『日本振袖始』は元々人形浄瑠璃としての作品だが、 文楽でも明治16年を最後に、平成22年に復活されるまで途絶えており、歌舞伎も昭和15年に上演されたのを最後に途絶えていた。それを昭和46年12月国立劇場で新たに古典歌舞伎の様式にて戸部銀作脚色、歌右衛門が演じたことで今につながっている。

 

初めて見たのは平成20年9月歌舞伎座での玉三郎の八岐大蛇、染五郎(現・幸四郎)の素戔嗚命福助稲田姫であった。(玉三郎は戸部銀作脚色本ではない。)八岐大蛇になってからの立ち回りは印象はなかった。ただ前半の岩長姫の間は、得体の知れぬ妖気があったことを覚えている。

玉三郎では平成26年3月の歌舞伎座でもう一度見ている。(素戔嗚命勘九郎稲田姫=米吉)

平成23年国立劇場で私の好きな魁春が八岐大蛇を演じた。(素戔嗚命梅玉 稲田姫=梅丸)。二幕に改めて、歌右衛門写しの八岐大蛇を演じた。魁春はうちに秘めたエネルギーを発散するタイプの役者ではない。どこまでも慎ましやかで上品で、かわいい女形である。(だから演じる機会のなかった『先代萩』の政岡を平成23年3月に演じたときは魁春贔屓としてとても嬉しかった!)

だから人に非ざるもの、それも異様な力を発揮するものなどの類を演じるときは、どうしても物足りなさを感じるものがある。この時もそうであった。でもそれは、ニンが違ったというだけで、魁春に疵はない。それを思うと、見ることの叶わなった歌右衛門という役者は、人間ならざる悪鬼(例えば「茨木」「戻橋」)、赤姫から片はづしから遊女・女武道なんでもござれな上、高い評価を得ており、一体どんな役者だったのか・・自分で目で見てみたかったとつくづく思う。 

 

f:id:kabukich:20190827221800j:plain

出雲大社

 

御朱印

出雲大社御朱印。沢山の方が訪れるのでシンプルなのですかね?別に凝っていようとシンプルでいようと構わないのですが。 

f:id:kabukich:20190827221726j:plain

御朱印 出雲大社

御朱印を基軸にした、聖地巡礼〜〜芝居をゆかりの地〜〜シリーズにしばらくお付き合いくださいませ。

 

聖地巡礼 〜〜芝居ゆかりの地〜〜⑥

曽根崎心中』ゆかりの「お初天神

 

前日に甲子園にて高校野球観戦を満喫したあと、帰りの新幹線を待つ間に訪れたのは、「露天神社」。お初天神の称でも親しまれている場所で、言わずとしれた近松門左衛門の名作『曽根崎心中』ゆかりの地である。

 

 元禄16年(1703年)に堂島新地天満屋の遊女お初と、内本町平野屋の手代徳兵衛が、社の裏手の当時天神森と言われた同地にて、心中を遂げた事件を素材に創作した作品である。

 

二人が露と消えた所と知っている身としては、”恋愛成就” にはチト縁起が悪いカナと思いつつも、まァ浄瑠璃の文句でも 〽恋の手本 なりにけり」とあるから、そこはやっぱり大恋愛を遂げた二人にあやかるほうが素直なのだろうと思案しながら、散策を楽しんだ。

 

地図はこちら ↓

 

歌舞伎の『曽根崎心中』は、平成26年4月に坂田藤十郎が一世一代と銘打ってお初を勤めるまで、数度見ていたが最後の最後まで瑞々しさを失わない艶のあるお初だった。雀右衛門の晩年の美しさとはまた違う、”可愛らしい” 女形の姿があった。

 

文楽ではそれまでテレビ放送では見ていたが、舞台に接するのは遅かった。平成25年5月が初めてで、「天満屋」を源太夫が語ったものの、老齢にて体調も芳しくなく、振るわなかった。

 

f:id:kabukich:20190824200527j:plain

露天神社(お初天神

 

お初と徳兵衛が寄り添ったハンコ付き! 

f:id:kabukich:20190824200636j:plain

御朱印 露天神社 

 この日は須磨へ向かうはずだったが、台風接近のために断念。乗る予定の新幹線も変更を余儀なくされるなど、無事に帰ってこられたので文句は言うまい。

聖地巡礼 〜〜芝居ゆかりの地〜〜⑤

 仏法最初の天王寺

 

猛暑の中に相方を連れて、機嫌を伺いつつ次へ向かったのは、「四天王寺」。ここへは芝居の地だからとか関係なしに、古刹であるから行きたかったところ。伽藍の配置とか受験勉強のために覚えてたなあ〜と懐かしい思いがいっぱい。

地図はこちら ↓ 

 

いやあ〜〜立派立派 

f:id:kabukich:20190822153009j:plain

四天王寺の石鳥居

f:id:kabukich:20190822155304j:plain

露店がみられる


 

四天王寺へ入ってまず驚いたのが、広い境内に数多くの屋台が見られること。どちらへ所属の方たちか調べてないので、いい加減なことは言えないが、まるで近世以来の芸能民の流れを継ぐ香具師の世界を見たような気がした。

口上や言い立てで人を集め、芸を行うことで物品を販売した近世の「香具師」集団は、芸能民と見なされ、様々な制約を受けた。

その香具師の名残は最近まで残っていただろう。

↓この映像は同じく四天王寺のもので、歴史的にも参考になる映像だと思う。

www.youtube.com

 

こちらが四天王寺御朱印。由緒あるお寺だけに美しいねえ。素敵でした。

f:id:kabukich:20190822142105j:plain

四天王寺 御朱印

 さすがにこの日はもうクタクタ。北浜にあるホテルへ戻った。

 

 

 

八月納涼歌舞伎 〜〜七之助の政岡〜〜

玉三郎写しの政岡

 

女形の大役中の大役『伽羅先代萩』の政岡を初役で七之助が勤めた。率直な感想として、「玉三郎そっくり」という感じ。これは全く悪いことでは無い。むしろ伝承の意味では素晴らしいことだと思う。

声の抑揚や台詞廻しの箇所箇所で玉三郎の部分が出てくる。今はどうか知らないが、歌舞伎では初役の場合、習った人の形を変えることは許されないという。(尤も玉三郎くらいの開明派なら演ずる役者と相談してやり良いように考慮してあげるのだろうが。)

それにしても歌舞伎役者の”真似る”力は凄まじいものがあると感心した。「飯炊き」もつけており(更に言えば飯を炊く湯についても千松を使って確認している、先輩は「湯調べ」と言い方をしていたが、これも丁寧に行っていた。時間の関係上やらない人もいる。)、初役としての意気込みを強く感じる幕となった。

 

〜〜物足りなさ〜〜

 

だが、はっきりと言えるのが玉三郎風で演じているから義太夫味が薄いこと。政岡からこの味が無くなると、大いに ”芝居” の感興が削がれる。〽お末が業を信楽や・・」から始まる例の部分は、当然控えめ。是非もない。

私は糸に乗る芝居が大好きだ。観客の立場から言わせてもらうと、糸に乗る場面がないと長ったらしい飯炊きなんて真面目に見ていられない。それはクドキに対しても同じことが言える。要所要所に糸に乗るから、それがアクセントになってダレずに息を詰めてこちらも見ることができる。動きのみならず義太夫味で言えば、クドキも息継ぎが多く、義太夫狂言らしいイキで押してこないから鬼気迫るものがない。(これに対して【映像でしか接することのできなかった】歌右衛門のクドキの面白いこと。グァーーっと見ているものを苦しませる迫力がある。間違いなく義太夫の修練の違いだろう。)

 

 

 

新劇のようにリアリズム重視でいけば、そりゃ筋に無関係のような動きは役者としては遠慮したくなるのだろうか。だがこれは間違いなく”歌舞伎”である。肚や内面も大事だろうが、丸本物として演じられなければならない。

「子を失う悲しさ」「母親としての悲劇」とか色々この芝居を解く方法はあるから好みの問題もあろうが、私の位置づけとしては、歌舞伎は「耳目の慰み」であって、高尚なものではない。だから昔ながらの堅苦しい理屈抜きの大派手な芝居が見たいのだ。それこそ見ている観客が三味線にノッて体が動いてしまうような。

 

丸本物における役者の動きは義太夫や三味線の旋律を無視していいものではない。語弊があるかもしれないが、「役者の動きは義太夫に支配されなければならない」とさえ最近のあっさり一色の演技の中で思う。

 

玉三郎風の演技一色の世界になりかけている歌舞伎界。玉三郎がいけないということでなく、玉三郎風のあっさりとした物とまたもう一方に、コッテリとした味わいの芝居の人がいてほしいのである。

 

蛇足だが、平成26年11月国立劇場坂田藤十郎が御殿の政岡を演じた。老齢にてよく動けるわけでもないし、声量も危ういものがあった。にもかかわらず面白かった。それは間違いなく、 芝居の運びがすべて義太夫狂言の味わいがあったからである。クドキを見てもそれは明らかだった。若い頃の修練とは恐ろしいものだと思った。

 

〜〜〜8月納涼歌舞伎〜〜

http://www.kabuki.ne.jp/cms/whats_20190712_1057.html